事業案内 〜盲ろう通訳・介助〜
聴覚障害者のコミュニケーション支援の拠点として、盲ろう者向け通訳・介助員の派遣調整・養成のための研修を実施しています。

盲ろう者向け通訳・介助員派遣事業

ノーマイライゼーションの理念に基づき、盲ろう者のニーズに応じた意思疎通手段によって社会生活におけるコミュニケーションの確保を行い、盲ろう者が自立と社会参加を図れるよう、通訳・介助員を派遣します。

盲ろう者向け通訳・介助員派遣申請書(PDF) >> 盲ろう者向け通訳・介助員派遣申請書(Word) >>

盲ろう者向け通訳・介助員活動報告書(PDF) >> 盲ろう者向け通訳・介助員活動報告書(Excel)>>

盲ろう者向け通訳・介助員養成事業

障害者福祉の概要や盲ろう者向け通訳・介助員の役割・責務について理解と認識を深め、盲ろう者の自立と社会参加を図るため、盲ろう者向け通訳・介助員の養成を行います。
新しく作られた厚生労働省カリキュラムに基づいた盲ろう者向け通訳・介助員養成講座を行い、通訳・介助員を二年間かけて養成していきます。

◆2018年度 盲ろう者向け通訳・介助員研修会(現任研修会)
年間3回(うち合同研修会1回)
◆第3回 盲ろう者向け通訳・介助員養成講座
2018年1月28日~2018年6月9日